学習の様子

高等部の学習

令和5年度 陶芸班「お別れ会」

 

2月27日(火)に3年生のお別れ会を行いました。

1・2年生はこの日に向けて、色紙づくりやラッピング、会場準備等を頑張りました。

当日は、3年生へ色紙と記念品を贈った後、ジュースやケーキなどを食べながらみんなでたくさん話をして盛り上がりました。

この一年間、陶芸班の活動で学んだことを活かして来年度以降もさらに力を伸ばしてほしいと思います。


令和5年度 紙工班 活動の様子

 今年度の紙工班は、生徒23名で学習をしています。今年度もメッセージカード、封筒各種、しおりなどを作りました。さらに今年は、新作「パタパタフクロウ」、「ペン立て」が登場しました。

 11月28日の三校交流会と、11月29日~12月1日の三陽祭で頒布会を行いました。頒布会では、生徒が積極的に来ていただいた方に作品の説明や、作る工程などを丁寧に伝えている様子がありました。お越しいただいた皆さん、ありがとうございました。

 お楽しみ会は、食事会をしました。今回は、日ごろの活動、頒布会、お楽しみ会の様子をご覧ください。

令和5年度 陶芸班 活動の様子

 今年度の陶芸班は、生徒19名で活動しています。生徒たちは「たたら班」、「泥しょう班」、「創作班」の3つの班に分かれて皿、茶碗、湯呑み、マグカップ、一輪挿し、ペーパーウェイト等の製作をしています。

 11月28日(火)には三校交流会・生徒向け頒布、11月29日(水)~12月1日(金)には頒布会が行われ、日々の作業学習で作製した製品を頒布しました。接客や会計等の仕事をするなかで、丹精を込めてつくった製品を手に取っていただける喜びを感じることができました。

 今回は普段の学習や頒布会当日の様子をご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和5年度 布工班 頒布会とお楽しみ会の様子

今年度は頒布会の日数が多かったため製品作りがとても大変でしたが、みんな良く頑張り何とか製品が仕上がりました。

頒布会では、たくさんの方に来ていただきました。ご協力ありがとうございました。

お楽しみ会では、頒布会のスライドを見て振り返りをし、モルックというゲームをして大変盛り上がりました。

そのあと食事会に行きました。みんなとても楽しそうでした。


令和5年度 木工班 頒布会の様子

11月29日、30日、12月1日の三陽祭期間に、頒布会を行いました。

炭で作った消臭剤やブロックをつなげて作ったスマホスタンドの他にも鍋敷きやまな板などの生活用品を陳列し、頒布しました。

また、生徒ぞれぞれの個性あふれるパズルもお客さんの興味を引いていました。

商品をお客さんにわかりやすく紹介したり、興味を引く陳列の仕方等を実際に学ぶことができました。

ご購入いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

今後は、卒業制作や記念品制作に取り掛かります。

令和5年度 高等部持久走大会が行われました。

12月8日(金)、天候にも恵まれ、暖かい日差しの中行うことができました。

女子のスタート時には男子の声援が聞こえたり、男子のゴール時にはすでにゴールした生徒たちの声援が聞こえたりと、会場は励まし合う声で満ちていました。帰校後には疲れた様子も見られましたが、笑顔も多く見られました。

今後も、体育活動を通して体力の向上に励んでほしいと思います。

令和5年度 農耕班 活動終了しました!

3月2日には3年生のお別れ会が行われ、3月14日で1、2年生も活動を終えました。

 

週に2回、リヤカーを引いて畑に通って、地道に作業を行い、年間を通して立派な野菜をたくさん収穫することができました。

収穫した野菜で作った料理は、鍋が空になるまでおかわりして、美味しく食べました。

 

  

  

 

 

お別れ会では、3年生に色紙と水筒をプレゼントしました。

レクリエーションはイスとりゲームが行われ、優勝を巡って熱戦が繰り広げられました。

最後にはお菓子を食べて、楽しく終わりました。

   

  

 

布工班「3年生とのお別れ会」

  3学年そろっての作業学習が2月で終わり、先日「3年生とのお別れ会」を実施しました。今学期は3年生への卒業記念品づくりに取り組み、リクエストに応えて刺し子付きのミニバックを作りました。記念品を作っていく過程で、3年生がいてくれたことのありがたさを改めて感じていた1、2年生。お別れ会ではみんなで協力して作った記念品にメッセージを添えて3年生へプレゼントすることができました。また、この1年間をスライドで振り返り、最後のひと時を笑顔で過ごすことができました。

今年度の作業学習もあとわずかです。3月は1、2年生のみでの活動となりますが、一人ひとりが1年間で学んだこと、身に付けた力を活かして今年度の活動を締めくくれるとよいと思います。

 

 

                                 

      

                                            

高等部球技部でJリーガー交流会を行いました。

12月16日(金)に、J2のザスパクサツ群馬に所属している畑尾大翔選手が来校してくれました。

サッカーのミニゲーム大会で教員も参加しながら教員チーム対生徒チームで対決をし、約1時間ほど試合をしながら交流できました。こんなに楽しく、汗をいっぱいかいた訪問は初めてです。とお褒めの言葉おいただきました。また、畑尾選手から本校に向けて、サッカーボールを寄付していただきました。生徒たちにとってはなかなか体験できない貴重なものとなりました。

 

 

 

<開催の経緯>

畑尾選手は、大学在籍時に「慢性肺血栓塞栓症」という病気を患い、2年弱の闘病生活を経験。その後、病を克服し、プロサッカー選手となりました。

闘病を経験して感じた(家族や仲間などからのサポート、先生方の懸命な治療【周囲の人たちへの感謝】、プロ選手になるという夢を持っていたこと【夢や目標を持つことの大切さ】)ことを伝えていくことがお世話になった方々への恩返しになると考え、小児科病棟や特別支援学校、放課後デイサービスへ訪問をベースに活動しています。

デモンストレーションやレクリエーションを通じで子ども達と交流し、訪問先の施設にいる子どもたちの保護者からの言葉を受け、一方的な訪問で終わりにせず、継続的にサポートをしたいという思いから、障害者就労継続支援B型事業所PiiS Plaza さいたまを開所(株式会社PiiS Road運営)し、2022年4月1日から事業を開始しました。

様々な繋がりから、部活動への参加とボールの寄付となりました。本当にありがとうございました。

今後とも本校球技部、畑尾選手へのご声援よろしくお願いします。

 

 

令和4年度 農耕班 活動の様子

農耕班は、校外にある2つの畑と校内のビニールハウスで野菜を育てています。

11月10日(木)には、高等部の頒布会が行われ、収穫したサツマイモやカボチャ、交流のある杉戸農業高校さんの野菜などを頒布しました。

先日、大根、白菜、ブロッコリー、キャベツ、ホウレンソウ、春菊、レタスなど多くの野菜を収穫し、今年度の収穫がほぼ終了しました。

今後は、春に向けて、ジャガイモを植えたり畑を整備したりする活動を行う予定です。